KIMONO

重ねの美学をまとって
和の婚礼を

紡がれた糸が織り成す一枚の布は
染められ、刺繍が施され、一針一針
丁寧に縫い合わされてゆく。
自然に由来する色や文様が
吉祥を願い、未来を祝福してくれる。
幾重にも色を重ね、幸福を重ね、
唯一無二の花嫁御寮を彩る和の婚礼衣裳。

古から語り継がれてきた伝統儀式が
美しい日本の花嫁をつくると信じて――
「はじまりのストーリー」の一歩を
和の装いで踏み出してほしい。

清らかな白無垢にその身を包み、
澄み渡る心で慶びを噛み締め
色とりどりの打掛に幸せを分かち合い
可憐な引振袖で感謝を伝える。
それは、
気品薫る上質な和の
花嫁衣裳だからこそできること。

人生の節目をともに祝う
特別な日だからこそ、
何千通りにもなるコーディネートの中から
あなたらしい、あなただけの
愛されスタイルを見つけてください。

白無垢

打掛から掛下着、小物、草履に至るまで、
すべてを白で統一した装いで、
身の清浄や婚家の色に(これから)染まる――
という無垢な花嫁の想いを表したもの。

何色にも染まる白だからこそ何色にもない凛々しさがある

大輪の花にも負けない麗しさ

色打掛

染め、刺繍、友禅、箔使い…と
伝統技がひかる色鮮やかなお着物。
温故知新、伝統とモダンをあわせた
SELF-STYLEを皆様に案内いたしております。
洋風なヘアスタイルでもお似合いいただける
小物使いもご提案いたしております。

古典柄をモダンに着こなせば あなたも可憐なる花嫁御寮

心穏やかにしてくれる あなたらしい色

未婚の女性の第一礼装である振袖の中で、
最も袖丈が長いものを「本振袖」または「大振袖」といい
成人式などに着用する「中振袖」よりも格が高い。
おはしょりをせずに着物の裾を引いて着る本振袖は
「引振袖」とも呼ばれ、帯の結び方や
着物と帯の組み合わせ次第で大きく印象が変わり、
帯揚げや筥迫・懐剣などの小物との色合わせが
魅力的な装いです。

ルシェルだからこそできること、
ルシェルにしかできないこと。
おふたりに「美」の
寿ぎをお届けします。

古き良き日本の伝統美を受け継ぐ、麗しの和装
柄、色彩、技法……そのすべてに本質を求める

日本人の繊細な感性から創作された伝統的な吉祥文様は、鶴や亀、松や竹など、ハレの日にふさわしい様々な想いが込められています。四季の美しさ、自然の豊かさや幸せを求める祈りなど、情趣ある美しくあでやかな伝統柄を、染め・箔・織り・刺繍といった日本の匠の手によって、独特の美意識を表現し一つひとつこだわってつくりあげてきました。ルシェルでは、おふたりのめでたき日を「本物」の着物と本質に寄り添う想いで迎えられるよう、質の高い和装を取り揃えています。

欲しいデザインは、糸から紡ぎ、織って、染めて――
どこにもないルシェルだけのオリジナル柄や色に

本来着物は、母から娘へ、娘から孫へと何代も着られるように、補修しては縫い直しを繰り返して引き継いでいくもの。職人の技が光る衣装を一着一着慈しみ、伝統を大切にしながら、染匠×和創作家・川端氏との入念な打合せの末、紡ぐ・織る・染める・繕うなどの工程を経て、時代に沿った新しい「和の装い」を生み出します。

遊び心の中にも花嫁の   品格と想いを忘れない
あなたらしさを見出    すための新しいコーディネート

日本の伝統文化である高雅な和装スタイル。帯や帯揚げ、帯締め、半襟や筥迫・懐剣によって何千通りにもなるコーディネートを可能にします。古典柄の着物にストライプの帯で遊び心を演出したり、胸元を淡い色ときらびやかな色の重ねで個性を演出したり。着物そのものの魅力を引き立てながら、花嫁の好みやライフスタイルを反映したコーディネートが自在。和装だからこそ、品格は保ちつつ、誰からも愛されるスタイルをお届けします。